仲六郷,雑色駅,タイヤ公園近くカイロ | J.G.Iカイロプラクテイック 工藤治療院


施術について

カイロプラクティックとは(ギリシャ語で手の技術と直訳します)

  

1894年アメリカのD.D.パーマーにより今日のカイロプラクティックの基礎が形ずくら
れました。カイロプラクティツクの基本操作は、パーマーガンステット、デバシ-ハ
イドの両テクニックックがこの業界では主流を占めておりますが、私が長年培ってま
いりましたましたカイロプラクティックの技術は、故鈴木信澄先生が考案した日本神
流(J.G.I)カイロプラクティックの仙骨テクニックに始まります。恩師から伝授をい
ただいた、故トムソン博士が考案したトムソンテーブルを使用するトムソンテクニッ
クアジャストメントの治療方法が基本となっています。また正確な診断に使用してい
る筋力検査法はAK(運動機能学的検査法)によるインジケータ筋チャレンジテクニック
(筋肉の強弱を見極める検査)を基本として使用してます。この検査方法は身体の構造
的影響、精神的影響、化学的影響を正確に分析し、正しい治療に導いてくれる最高の
診断方法と信じ今日まで最高の成果を提供してくれています。又其の他のカイロプラ
クティックのテクニックには、ディヤフィールド長短足法測定検査よる診断法(左右
足の長さの違いを測定)、SOT(ブロックテクニック)、頭蓋骨のバランステクニック、
仙腸関節のバランステクニック、ローガンベーシックテクニック、ピアーズテクニッ
ク、身体のバランス検査による診断法(ボディ-ランゲージ.チェック)等、様々の治
療、検査方法が有りますが、その他のテクニック同様臨機応変に使い分けています。

詳細

AKアプライドキネシオロジー(応用運動機能学)

(上部、右の写真、1998年9月グットハート博士とセミナー会場にて)

1965年カイロプラクターである故ジョージ.グッドハート博士は関節の運動範囲に対
応する筋肉の強度と健康状態を決定する為に使われる運動学的検査法が、身体の各器
官エネルギーの均衡状態をも表現し得ることを発見した,さらに進んだ研究によって
彼は特定の筋肉群が、特定の器官や漢方の経絡と対応関係にあることを確認してい
る。基本的に筋力検査法を用いて行う診断から治療後の検査までの姿勢分析、筋肉内
臓反射系、脊椎調整、頭蓋骨調整、呼吸調整、栄養診断等を統合包括した膨大な診断
体系である。その中でも特別基礎的に重要な筋力検査法を私は取り入れています。